オリジナルの作成:2015/06/14

ArduBlockのインストール方法は、Arduino勉強会/C0-子供のためのArduinoその1を参照してください。

最新の1.8.xのArduino IDEではArduBlockは動作しません。Arduino 1.6.4をご使用ください。(2017/11/12)

C1-ArduBlockをはじめよう

LEDチカチカ

電子工作の定番は、なんと言ってもLEDを点滅させるLチカです。 ArduBlockを使ってLEDチカチカを作ってみましょう。

スケッチの作り方

Arduino IDEを起動して、ツールメニューからArduBlockを選択すると以下の画面がでます。 左のパネルには、スケッチに使う部品のボタンがあり、右の広いパネルにスケッチを描いていきます。

最初に制御ボタンをクリックして、以下のように制御部品の一覧が表示されますので、 「ずっと 実行」をスケッチパネルまでドラッグします。 部品を間違えたときには、部品パネルにドラッグすると消えます。

「ずっと 実行」は、その中の処理をずっと繰り返す部品です。 以下の様に左上に配置します。

次に、ピンボタンをクリックして、「デジタルピンに値を設定」をスケッチパネルにドラッグし、

「ずっと 実行」の右端にもっていくと、カチッと音がして「デジタルピンに値を設定」が 「ずっと 実行」の中にセットされます。

次にユーティリティーボタンをクリックして、「待つ ミリ秒」部品をドラッグし、 先ほどの「デジタルピンに値を設定」の下にドラッグするとまたカチッと音がして、 「ずっと 実行」の中にはセットされます。

「デジタルピンに値を設定」、「待つ ミリ秒」をもう1回ずつセットしると、

以下の様になります。ここで、最初の「デジタルピンに値を設定」の#の右となりの番号を13に変更し、 2個目のデジタルピンに値を設定」の番号も13に変更し、HIGHからLOWに変更します。

ここまでできたら、保存ボタンをクリックしてスケッチを「LEDチカチカ」という名前で保存します。

動かしてみる

できたスケッチをArduinoに書き込むには、アップロードボタンをクリックします。 注意深くみているとArduinoのTXとRXのLEDがすばやく点滅したあとにその上のLEDが1秒間隔で チカチカ点滅します。

スイッチを使う

こちらは、Arduino勉強会/C0-子供のためのArduinoその1を参照してください。

電圧を測る

電圧を測るには、アナログ入力を使います。アナログ入力には、A0からA5の6個のピンが使えます。

ブレッドボードの配線

電圧を変えるために、10KΩの半固定抵抗を使います。 スイッチサイエンスからブレッドボードにそのままささる、 つまみの大きい半固定抵抗 10KΩ が販売されているので、1個あると便利です。

以下のようにブレッドボードに10KΩの半固定抵抗を差して、線を結びます。

スケッチを描く

以下の手順でスケッチを描いていきます。

  • 「制御」ボタンから「ずっと 実行」をドラッグ
  • 「ユーティリティー」ボタンから「シリアル出力」をドラッグ
  • 「数値・定数」ボタンから「メッセージ」をドラッグ
  • 「数値・定数」ボタンから「真偽値を文字列に」をドラッグ
  • 「ピン」から「アナログピン」をドラッグ

値を変更する箇所は、以下の通りです。

  • メッセージをSensor =に変更
  • アナログピンの#の番号を1から0に変更

以下のようなスケッチが完成したら保存ボタンで「電圧を測る」の名前で保存します。

動かしてみる

アップロードボタンをクリックしてスケッチをArduinoに書き込みます。

Arduino IDEのツールメニューからシリアルモニタを選択すると、電圧の値が0から1023の間の値で表示されます。

距離を測る

秋月で400円で買える、超音波距離センサ HC-SR04 を使って、距離を測ってみましょう。

ブレッドボードの配線

以下のようにブレッドボードにHC-SR04を差して、線を結びます。

スケッチを描く

以下の手順でスケッチを描いていきます。

  • 「制御」ボタンから「ずっと 実行」をドラッグ
  • 「ユーティリティー」ボタンから「シリアル出力」をドラッグ
  • 「数値・定数」ボタンから「メッセージ」をドラッグ
  • 「数値・定数」ボタンから「真偽値を文字列に」をドラッグ
  • n「ピン」ボタンからから「超音波」をドラッグ
  • 「ユーティリティー」ボタンから「待つ ミリ秒」をドラッグ

値を変更する箇所は、以下の通りです。

  • メッセージをDistance =に変更
  • 超音波のTrigger #を8、echo #を9に変更
  • 待つ ミリ秒を500に変更

動かしてみる

アップロードボタンをクリックしてスケッチをArduinoに書き込みます。

Arduino IDEのツールメニューからシリアルモニタを選択すると、超音波センサからの距離がcm単位で表示されます。

サーボモータをまわす

サーボのテストには秋月で400円で買えるマイクロサーボ9gを使います。 ちょっとした工作に便利な一品です。

ブレッドボードの配線

以下のようにブレッドボードに半固定抵抗を差して、マイクロサーボと線で結びます。

スケッチを描く

以下の手順でスケッチを描いていきます。

  • 「制御」ボタンから「ずっと 実行」をドラッグ
  • 「ピン」ボタンからから「サーボ」をドラッグ
  • 「ユーティリティー」ボタンから「マップ」をドラッグ
  • 「ピン」ボタンからから「アナログピン」をドラッグ
  • 「ユーティリティー」ボタンから「待つ ミリ秒」をドラッグ

値を変更する箇所は、以下の通りです。

  • サーボのピン番号を9に変更
  • アナログピン#を0に変更
  • マップのまでを255から179に変更
  • 待つ ミリ秒を100に変更

動かしてみる

アップロードボタンをクリックしてスケッチをArduinoに書き込みます。

半固定抵抗のつまみを回すとサーボの方向が変わります。

In [ ]: