MaixDuino

先日、SiPEEDにMAiXのArduino IDE対応版Maixduinoのページがあることに気づきました。

電波法の規制からMAiXシリーズで日本で利用できるのは、WiFiを含まないBitボードのみです。

このBitボードにカメラとLCDをセットしたBit Kitが以下のサイトから購入できます。

インストール

MaixDuinoをArduino IDEで使えるようにするには、Preferences...を選択し、 以下の1行をカンマ(,)で区切って追加します。

http://dl.sipeed.com/MAIX/Maixduino/package_Maixduino_k210_index.json

次に「ツール」メニューの「ボード」から「ボードマネージャ...」を選択します。 最新情報の読み込みが終わったら、検索ボックスにMaixと入力すると、Maixduino の項目が表示されますので、インストールボタンでインストールしてください。

サイドボードマネージャを選択し、Sipeed "Maix OneDock"/"Maix Bit" Boardを選択してくだしい。

同時にシリアルポートも選択してください。 私の場合、「/dev/cu.wchusbserial1420」を選択します。

Lチカに挑戦

定番のLチカでインストールを確認してみましょう。 ボードの13番がLEDに接続されているので、スケッチ例から01.Basics>Blinkを選択します。

「スケッチ」メニューから「ボードに書き込む」を選択すると、Bitボードの3色LEDのグリーン が点滅します。

KPUを使ってみる

MAiXの売りのニューラルネット・ハードウェアアクセラレータ(KPU)の例題を動かしてみましょう。

この例題を実行するには、mobilenetv1_1.0.kmodelとlabel.txtをSDカードにセットする必要があります。 mobilenetv1_1.0.kmdel、は、以下からダウンロードし、 以下のサイトからmodelsからmobilenetv1_1.0.kmdelを、dataからlabel.txtをダウンロードします。

サンプルに合わせるため、mobilenetv1_1.0.kmdelはファイル名を"m"に変更して書き込みます。

mobilenet_v1を動かす

サンプル例から「Maix_KPU」> 「mobilenet_v1」を選択します。

BitボードにカメラとLCDをセットし、USBケーブルに接続し、 「スケッチ」メニューから「ボードに書き込む」を選択します。

LCDに「Loading ...」とでれば正しく処理が行われています。 しばらくするとカメラ画像が表示され、写しだれたものが何か 識別して表示します。以下の写真は、コンピュータマウスを 正しく認識しています。

In [ ]: