オリジナルの作成:2015/01/04

ここでは、以下のArduinoの作り方を紹介しています。

  • Arduino勉強会/05-声を出してみるで使った秋月のATMegaボードでArduinoを作ってみましょう。
  • Uncompatino 3.3V版

追加の部品

追加で用意する部品は、以下の通りです。

No. 品名 秋月通販コード 数量 価格
1 ATmega328P I-03142 1 250円
2 セラミック発振子 P-00525 1 35円
3 赤色 3mm LED I-00562 1 100個入りで 350円
3 タクトスイッチ P-03649 1 10円
4 ピンヘッダ 2x3 C-00082 2 2x40で50円
5 1KΩ抵抗 R-25102 1 100個入りで100円
6 10KΩ抵抗 R-25103 1 100個入りで100円
7 0.1μFセラミックコンデンサー P-00090 3 10個入りで100円

部品を以下の様にハンダ付けして、セットしてください。 (画像ではセラミック発信子の代わりに水晶発振子を使っています。)

マスターのArduinoにArduinoISPを書き込む

買ってきたままのAtmega328PをArduinoとして使うには、Arduino用のブートローダ を書き込む必要があります。

Arduinoにはブートローダを書き込むためのスケッチが最初から提供されているので、 これを使います。

  • ファイル→スケッチの例→ArduinoISPを選択し、ArduinoISPを書き込み用Arduino(親と記す)に書き込みます。

スケッチの書込が終わったら、以下の様に書き込み用Arduino(子と記す)とマスターを以下のように接続します。

親Arduino 子Arduino
D10 RESET
D11 D11
D12 D12
D13 D13
5V 5V
GND GND

書き込み手順

書き込みのターゲットボードと書込装置を選択します。

  • ツール→マイコンボード→ターゲットのMPUを持つマイコンボード(今回はArduino Uno)
  • ツール→書込装置→Arduino as ISP

ブートローダを書き込みます。

  • ツール→ブートローダを書き込む

子Arduinoの動作確認

ProtoSnap Pro MiniのUSBシリアルを使って、新しく作ったArduino(Arduino Pro Mini互換)にスケッチを書き込んで、 動作を確認してみます。 *2

ArduinoとUSBシリアルの接続は以下の通りです。

Arduino USBシリアル
0: Rx TXO
1: Tx RXI
RST DTR + 0.1μFのコンデンサー
5V VCC
GND GND

スケッチの書き込み

Blinkスケッチを開きます。

  • ファイル→スケッチの例→01 Basic→Blinkを選択

書込装置をAVR ISPにもどして、書き込みます。LEDが点滅すれば完成です。

  • ツール→書込装置→AVR ISP
  • ファイル→マイコンボードに書き込む

Uncompatino 3.3V版

mini SDカード等多くの部品が3.3Vで稼働するようになり、Arduinoの5Vで使用するには レベルコンバータが必要になり、ちょっと不便なので 作って遊べるArduino互換機 で紹介されているUncompatino 3.3V版を作ってみました。

必要な部品は以下の通りです。

品名 秋月コード 数量 備考
『作って遊べるArduino互換機』パーツセット K-06906 1
UncomPatino基板 (基板単品販売) P-07487 1
NJM2845DL1-33 I-02247 1 4個入り
電解コンデンサー100μF P-03122 1
セラミックコンデンサー0.33μF P-04227 1 10個入り

組み立て

一番の難関がFT232RLのハンダ付けでしょう。

以下の様にすると割と楽にできます。

  • メンディングテープ等でFT232RLを固定
  • フラックスをFT232RLのピンの周辺に塗る
  • ハンダで一カ所だけを固定してテープを外し、位置を確認
  • ブリッジができても構わず、おもいっきりピンにハンダを付ける
  • 吸い取り線に半田こてを当てたまま、FT232RLから離れるようにずらす

他の部品のハンダ付けは、背の引く物から付けます。抵抗値や取り付け向きに気を付けましょう。

  • 抵抗
  • セラミックコンデンサー
  • ICソケット
  • 電解コンデンサー
  • LED, タクトスイッチ、ピンソケット
  • USBソケット

ブートローダの書き込み

ブートローダの書き込みに使用するBitBangをまとめて以下のZIPファイルに入れました。

最初にすべてのジャンパーを結線します。

次にavrdude-GUI.exeを起動し、

項目名 設定方法
avrdude exe File avrdude.exeを入力
Programmer FT232R Synchronous BitBang(diecimila)を選択
Port Uncompatinoのシリアルポート
Device Atmega328P(m328p)を選択
Command line Option -P ft0 -B 76800

FuseのReadボタンを押すと現在の設定でます。以下の設定を入力し、Writeを実行します。

ブートイメージの書き込みは、Flashに Arduinoのフォルダ/hardware/arduino/bootloaders/atmega/AtmegaBOOT_168_atmega328_pro_8MHz.hex を選択し、Erase-Write-Verifyを実行します。

あるいは、先のように別のArduinoを使って書き込んでも構いません。

In [ ]: