ArduinoのWebEditorの紹介

ArduinoのプログラミングがWebブラウザ上でできるArduino Web Editorを紹介します。

Arduino Web Editorを使うには、以下のサイトにアクセスすると以下の画面が表示されます。

「Arduino Web Editor」をクリックすると以下のユーザ登録(Sign Up)画面が表示されます。

  • Username: 自分の好きなユーザ名(アルファベットと半角数字)で入力
  • Password: パスワードを入力
  • Confirm Password: 確認のために同じパスワードを入力
  • Email Address: メールアドレスを入力
  • I'm not a robotの左の□にチェック
  • 「CREATE ACCOUNT」をクリックします

入力したメールアドレスに送られてきますので、リンク(URLアドレス)をクリックして登録を有効にします。

Arduino Web Editor pluginのインストール

ユーザ登録が完了したら、以下のURLに入ってください。

利用条件を受け入れ(Accept)ます。

次にスケッチをArduinoに書き込むために、Arduino Web Editor Pluginをインストールします。

Arduino Web Editorを使ってみる

ログインが完了すると以下のArduino Web Editor画面が表示されます。

左端のカラムはナビゲーション用です。

  • Your Sketchbook: ユーザが作成したスケッチブックを開きます
  • Examples: サンプルスケッチ(読み込み専用)を開きます
  • Libraries: スケッチ含むライブラリを指定します
  • Serial monitor: シリアルモニタを開きます
  • Help: ヘルプ画面(英語)
  • Preferences: オプション(文字サイズ、色等)の設定画面

上記のメニューを選択すると2列目のカラムに選択画面が表示されます。

第3列目にスケッチを描く画面が表示されます。

内蔵Lチカ

内蔵のLEDを点滅させるLチカを作って見ました。

自分の作ったスケッチで「SHARE」ボタンを押すと、他の人と共有するためのURLが表示されます。 これを開くと以下の様な画面が表示されます。

In [1]:
%%HTML
<iframe src="https://create.arduino.cc/editor/takepwave/66734154-6cce-4de7-96a1-1202ac1f8d29/preview?embed" style="height:510px;width:100%;margin:10px 0" frameborder="0"></iframe>
In [ ]: