オリジナルの作成: 2014/02/23

04-Protosnapをバラして組み立てる

第4回目の勉強会の資料です。

ProtoSnap Pro Miniボードをバラバラにする

さあ、これまで難なく動いていたProtoSnap Pro Miniボードをバラバラにしてみましょう。

ボードから部品を切り離すときには、ニッパを使うと便利です。 1

ブレッドボードに組み立てる

私は、シリアルボードのL字ピンの付ける面を間違えてしまいました。 上ではなく下に付けた方が使いやすいです!

ブレッドボードの配線は、以下の図をみてください。

動作確認

組み立てたボードがきちんと動くか確かめましょう。

Blinkをボードに書き込んでArduino Pro Miniのボードが動作するか見てみましょう。 ファイル→スケッチの例→01.Basics→Blinkを選択して、Arduinoに書き込んで緑のLEDが点滅することを確認してください。

Arduino Pro miniをブレッドボードに差す

電源を入れる前に、もう一度ブレッドボードのVCCとGNDの位置が合っているか確認しましょう! 写真の赤い四角で囲まれたところがVCCのピンと合っているか確かめて下さい

順番に動作を確認します。

  • 電源を入れます。先ほどのBlinkが同じように動くことを確認してください。
  • カラーLEDの接続確認:pin2の値を、1個づつ5(緑)、6(青)、3(赤)に変えて書き込みLEDの点滅を確認してください。
    int pin2 = 2;
    
  • スイッチの確認:1回目に使ったスイッチのスケッチを使って動作を確かめてます。
int buttonPin = 7;  // ボタンは 7番ピンにつながっています
int ledPin = 13;  // LEDは 13番ピンにつながっています

int buttonStatus; // ボタンの状態を保持するための変数

void setup() {
  pinMode(buttonPin, INPUT);  // ボタンピンを入力として初期設定
  pinMode(ledPin, OUTPUT);  // LEDピンを出力として初期設定
}

void loop() {
  /* 最初にボタンの状態を読み込みます
  HIGH = ボタンが押されていない状態
  LOW = ボタンが押されている状態 */
  buttonStatus = digitalRead(buttonPin);

  if (buttonStatus == LOW) {
    digitalWrite(ledPin, HIGH);  // ボタンが押されていたらLEDを点灯する
  }
  else {
    digitalWrite(ledPin, LOW);  // そうでなければLEDを消す
  }
}
  • スピーカー:スピーカーの例題を動かします。
// Tone
int toneDuration = 40;     // 音のでる間隔(40ミリ秒)
int speakerPin = 2;        //ブザーのピン番号
int index = 0;                // 何番目の配列かを示す値(配列の添え字を求める)
char ch;                        // パソコンから読み込んだ文字(コード)
int tones[]={262,294,330,392,440};  // ド、レ、ミ、ソ、ラ

void setup() {
  /* シリアル通信の速度を9600ボーにセットし、最初にHello…のメッセージを表示する */
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Input [1-5]!");
}

void loop() {
     ch = Serial.read();     // パソコンから1文字読み込む
     if (ch >= '1' && ch <= '5') {     // 読み込んだ値が1から5の文字なら、音を鳴らす
          index = ch - '1';                    // 1の文字から0のインデックスを求めるために、'1'を引く
          tone(speakerPin, tones[index], toneDuration);
     }
     delay(500);  // 次の読み込みまで待つ
}
  • 光センサー:同様に光センサーの例題を動かします。シリアルモニターがセンサーの値がでてくることを確認してください。
int lightPin = A0;  // 光センサーはA0につながっている

int lightReading;  // 光センサーからの値を保持する変数

void setup() {
  /* シリアル通信の速度を9600ボーにセットし、最初にHello…のメッセージを表示する */
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Hello world, let's read some light sensors!");
}

void loop() {
  lightReading = analogRead(lightPin);  // 光センサーから値を読み込む
  Serial.println(lightReading, DEC);  // 読み込んだ値をシリアル通信を使ってシリアルモニターに送る
  delay(250);  // 次の読み込みまで待つ
}

温度センサーを使ってみる

温度センサーには、いろんなタイプがあります。

LM35を使ってみる

電圧を測るだけで、温度が分かるLM35はとても使いやすいセンサーです。

シリアルモニターの出力は、44から46の値が出ています。

テスターで電圧を測ってみると、以下の様に227.7mVとなりました。 温度は、22.7℃になります。

$$ frac{46}{1023} \times 4.78 V = 0.2149 V $$

Arduinoの出力した値も21.5℃と良い値を示しています。

半固定抵抗を使ってみる

今度は、LM35の代わりにスイッチサイエンスからブレッドボードにそのままささる、 つまみの大きい半固定抵抗10KΩ を使ってみます。

先ほどと同じスケッチで動かしてみて下さい。 つまみを回すと値が0から1023に変わるのを確かめて下さい。

ハンダ付けの様子

参加者の皆さんが、ハンダ付けに挑戦している様子をアップします

脚注

  • [1] 切り離すときは、部品を壊さないように気を付けましょう。
In [ ]: