卒論

効率とシステムサイズの関係に対する確率モデルによる考察

卒論に関する試行錯誤をまとめたもの

  • はじめに(sim1)
  • 簡単な例1(simple1)
    • done
    • 条件
      • 沈黙なし
      • 意見は$[0,1]$の一様乱数(重要)
      • 発言者を選ぶ確率は等しい
    • 結果
      • 発言がなされたときにリンクが張られる数は二項分布$B(k,p(x_{k+1},r))$に従う
      • $y$を$k,r$にしたがって変化する適当な関数におけば、リンクの個数が$y$個を超えるのに必要な時間は幾何分布に従う
  • 簡単な例2(simple2)
    • done
    • 条件
      • 沈黙あり([0,1]の間の一様乱数の期待値0.5)
      • 意見は$[0,1]$の一様乱数(重要)
      • 発言者を選ぶ確率は距離の関数
    • 結果
      • 位置によって発言者の発現頻度などは異なる(当たり前)
      • リンクの数等についての性質は例1と同じ(当たり前)
      • 各時刻$k$において張られるリンクの数の$r$依存性などに対する計算
  • 参加者間のネットワークについて(person_network)
    • done
    • 参加者間のネットワークのみを考えると、(結局)マルコフ連鎖でかける
  • 参加者間のネットワークについて(2)(person_network2)
    • 途中 & 意味はない
    • 距離のみで確率が決まるような場合
  • 意見の作るネットワークについて(idea)
    • 途中
    • 意見の分布に関する観察をする予定
  • 簡単な例3

    • 例1、2とは異なったアルゴリズムでの会議のシミュレーション
    • 途中
    • 条件
      • 参加者の意見の数は有限
      • 意見によって発言者が決まるとする
      • 意見間のリンクは考えていない
    • 以前の意見が次の発言の意見にどう影響するかで場合分け
      • simple3_123
          1. 影響なし(独立)
          1. 議題
          1. 一つ前の意見
      • simple3_45
          1. 一つ前の意見 + 議題
          1. 二つ前までの意見
        1. 二つ前までの意見 + 議題
        1. それ以上前の意見
    • 結果
      • いくつかのパラメータの効果を観察によって定性的に理解した
  • 近距離であることによる抑制の効果を入れた場合(近距離抑制効果)